ここから始めるエトセトラ~ゼロから始めるアラフォー生活~

イラストの練習、ゲームや趣味にストックイラストの話などetc.

囚われのパルマ Refrain始めましたep6

チアキくんからのメッセージが届きます。

f:id:NARURU:20200312225345j:image

当分会いたくないと振られてしまいます。

 

あれ……何で告白されて振られてるの私??

 

ネタバレを大いに含みますのでご注意を……。

リフレイン~エピソード6~

 

悶々としていると河内さんから告白されます。

私告白されてばかりね……モテモテ。

河内「実は団体職員ではなく、大使にはお世話になっていて……」

はい……知ってます。河内さんが本当の事を話してくれました。

そして朗報も持って来てくれました。

 

来たーーーッ!!!

証拠隠滅容疑晴れたぁぁーーー(*´∇`*)

 

証拠の【黄金の蜂】が見付かったと河内さんから聞き、私本土へ帰れるそうです。ヤッタネ( *´艸`)

 

しかしチアキくんはどうなるのでしょう……。犯人とは言われてないですが、容疑者は容疑者。実際チアキくんが無実だとしてもクロに近いですし、クロイワ財閥に犯人に仕立て上げられる可能性があります。冤罪ですね……冤罪は嫌ですね。痴漢は冤罪になる可能性が高いみたいです。恐ろしい……満員電車やバスでは気を付けて下さい。

 

チアキくんが冤罪になるのは後味も悪いし、私はまだ彼から本当の事を何も聞いてません。本土に帰るのはもう少し先になりますね。流石にどうでもいいとは言えないし。

チアキくんの本当の話を聞く為、『もうすぐ本土に帰るから会ってくれーーー!!』と半ば強引に面会の約束を取り付けます。


f:id:NARURU:20200314160244j:image

質問責めにかけますが、全て答えてくれませんでした。それどころか、『答えたけど君の望む答えじゃなかっただけ』という屁理屈を言います。

f:id:NARURU:20200314160424j:image

チアキくんじゃなくてユーゴですからね……。モジモジが門司くんだったレベルじゃないですものwリアルですよ(ゲーム内だけど)

結局何の進展もない面会でした……。

そういえば須田ッチから新しい看守が来ると聞いていました。

f:id:NARURU:20200314161949j:image

狩谷さんきたーーッ!!

前作をやった人ならお馴染み看守です。スゴく厳しかった記憶があります。初めましてじゃないけど初めまして、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

↓メールは須田さんが送ってくれます。他愛もないメッセージ。

f:id:NARURU:20200314162652j:image

チアキくんも返事をくれますが、たまに卑屈なメッセージになります。

f:id:NARURU:20200314162826j:image

 

島で見付かった鉱石を集めてチアキくんに差し入れしてたんですが、それで何やら企んでるし……(^w^)くれるのかな( ´∀`)

 

そんな中でも私は島散策をします。しかしやはり慎之介や須田さんの姿もなく……門司くん、カフェのマスターには一度会いましたが、以降行方不明に……。

マダムやポムじいさんの姿もなくなってしまいます……。

あれ……私避けられてる??本土に帰ろうかな……(´・ω・`)

しかし農園のおばあちゃんはいつも元気に野菜をくれます。いつも居てくれてありがとう……話相手になってくれてありがとう( 。゚Д゚。)チアキくんの事も相談しちゃいます。

 

そういえばチアキくん、前に英語ぶっこいて指切りしてきたよね……思い出した事は話すって。

またも無理やり面会にこじつけて

 

「ピンキース……エ……なんとかッ!!」(pinky swear)

 

とガラスに指を叩き付けたところ、観念したようで今度本当の事話すと再度約束してくれました。

しかし今度っていつ……(^_^;)

 

部屋に戻るとチアキくんからブレスレットが届きました。

f:id:NARURU:20200314170645j:image

これはあれじゃないか……自分の選択によって宝石が変わるやつッ!!!!たぶん。

この鉱石を選んだかって答えは課金して面会で見てね……て感じか。今回金払わなきゃ教えてもらえないのね……(´Д`)

 

……うん、理由はたぶんきっとずばり私に魅力がなかったからッ(´◉◞౪◟◉)

 

f:id:NARURU:20200314171008j:image

 

全部話してくれると言ってもチアキくんは何か話しにくそうだったので「自分で調べてやる」とネットの力を借りようと思い図書館へレッツらゴーしました。久々門司くんに会えますよッ!

f:id:NARURU:20200314172652j:image

予想通りダメよダメダメと反対されますが、門司くんの半分は優しさで出来ています。調べておくって気だるそうに言ってくれました。

f:id:NARURU:20200314172857j:image

うーん……何か門司くんにそんな事言われたくないよ……orz

そこは「アンタがそんな顔してたら……その……僕も困るし……」とかでいいんだよ(°▽°)

門司くんにユーゴ・クロイワについて調べてもらってると狩谷さんから呼び出しがありチアキくんについての話をします。

 

チアキはクロイワの養子です!!

 

お、おう…そですね。今さらぁ……( →_→)狩谷さん今さらぁ??

と言ってる私も、チアキくん本人が養子で家族がいないって言ってた事半分忘れてたしwww

忘れっぽいったらありゃしない。

下のようにチアキくんの方がよく覚えてますww私そんな事言ったっけ状態に陥る。

f:id:NARURU:20200314190713j:image

 そ、そうでしたっけ……(´□`; 三 ;´□`)

 

 

 

チアキくん、本音を語るの巻

f:id:NARURU:20200316112715j:image

孤児で10歳頃クロイワさんに見初められて引き取られてオモチャにされて……(意味深)


f:id:NARURU:20200316112937j:image

俺のものだとタトゥー入れられて都合の良い人形にされて……(意味深)

 

壮絶な人生でしたね……クロイワさんは男色で美少年チアキくんは生きて行く為にチアキくんの貞操が……あれ?違うww(腐女子脳)

 

どっちにしろ、クロイワ財閥に駒にされていたのではないかと。都合のいいように使われていたはず。10歳からだから、スゴい年月束縛されてるんでしょうね(現在おいくつか知りませんけど)

そんなこんな話をしていると、面会時間もあっという間に過ぎて狩谷さんが呼びに来ます。

 

……というか、このタイミングで何故新しい看守なのだ??看守さんって何者!?本当に看守なの!?!?

……ってのは考え過ぎかなww前作でも狩谷さん以外に新米看守が出てきてたし。

 

 

久しぶりにシンディー慎之介に会います。何やら彼女はをしてるそうなwwキャッキャウフフしてました。そんな幸せそうな慎之介を見ていると、門司くんからメールが届きます。『心の準備が出来たら図書館に来て』って……。

これはついに門司くん……(///ω///)♪

 

あれ……それは反対かw

心の準備が出来たから行く……ですよね?ん?何言ってるのか自分でもわからんくなってきた。

 

ヤバいよヤバいよといいながらも調べてくれる門司くん……モジモジ(。_。*)))

f:id:NARURU:20200316124332j:image

って門司くんにそんな事言われたくないよッー(2回目)

 

まぁそれは置いておいて、クロイワ財閥について調べてもらった事がヤバヤバヤバタンでしたww

わかってたけど政府絡んできたか……ややこしや……あぁややこしや……。

f:id:NARURU:20200316124846j:image

クロイワ財閥と麻薬組織の繋がりの噂はネットではあったらしいが、何で繋がってるかはわからなかったそうです。

 

武器です武器、武器の密売です。武器ですよ!!(言い過ぎ)

 

ま、マフィアッ!!マフィアですよ!ゴッドファーザァァーッ!!!!

(ゴッドファーザーのテーマ)

 

そんな許されざる事が何故見付からないのか……摘発されて捕まるじゃろ……と思いましたが、ここで政府の汚い大人。

裏金っやつですかね……(ダジャレじゃないよ)

ここで全て発覚してしまうとクロイワ財閥どころか政府も……おジャーンwww

って事はマネーロンタリングを問題視していた五十鈴大使を襲ったのは……!?

 

まだわからないですけどねww

とりあえずわかったのはセイジカキタナイって事ダケネ(カタコト)

 

 


f:id:NARURU:20200316133759j:image

この政府の黒い秘密を公にしてしまえば一躍私は時の人ッ!!というより命狙われそうか……。潰されるのがオチですね。

チアキくんじゃなくても心配するよね……これは。

 

五十鈴大使と孤児時代のチアキくんは出会っていたという事実。

f:id:NARURU:20200316134025j:image

五十鈴大使が覚えた事もスゴいが、チアキくんは昔から変わっていないのか!?何故わかった大使……やはり五十鈴大使はスゴい。

 

チアキくんは五十鈴大使が部屋に不在とわかると黄金の蜂を盗みにいったそうです。大使襲撃してなくても盗んどるやん……。

 

窃盗罪ッ!!!!チアキアウトーー!!

 

しかしずっとどうしてそんな小説にこだわるのかと思ってましたが何とマイクロチップゥゥゥーーwww
f:id:NARURU:20200316134618j:image

マイクロチップ入ってるとか映画みたい……。どこに入れてたんだろ?背表紙とかしっかりしてる系の小説ならなんとでもなりそう。

けどそれよりも、私は証拠品を警察に渡したのに消えた事の方が怖いわ……クロイワ財閥か真っ黒政府関係者か組織とニアミスしてるんですよね(^_^;)

 

あの時私がバカじゃなく、何かに気付いてしまっていたらぶち殺されてたのかな??

 

バカで良かったぁ~と思いつつ続く。

 

忙しい人の為のep6

f:id:NARURU:20200323172713p:plain